デカフェが人気の理由って?

subpage1

近年、大手のコーヒーチェーンでもデカフェのメニューを導入したり、ペットボトルでもデカフェのものが増えてきています。コーヒーといえばカフェインというイメージもありますが、そのカフェインは眠気覚ましになる、頭がすっきりするという良い働きだけではなく、身体への悪影響を与えてしまうことがあるといわれています。
具体的な悪影響としては血圧を上昇させますので高血圧の治療を行っている人は裂けた方が良いですし、カルシウムや鉄分の摂取を妨げる原因になってしまいます。

カプセルコーヒーの情報を確認できるサイトです。

長期にわたって飲み続けていると、胃腸や内臓を弱らせてしまったり、自律神経の働きを乱してしまうことで肩こりや腰痛、頭痛が悪化してしまうこともあります。

利便性を重視した毎日新聞の情報サイトが便利です。

特に妊娠中の女性がカフェインを摂取しすぎると、赤ちゃんがカフェインを上手く排出できないので赤ちゃんの生育に影響が出る可能性もあるといわれています。

しかし、コーヒーの味が好きで、全く飲まないことなんで考えられないという人がいることも確かです。


これらの理由により、デカフェの需要が高まってきているのです。

インスタントコーヒーとしてもデカフェは出回り始めていて、カフェインを90%以上カットすることができているといわれています。
自宅でも手軽にコーヒーの味を楽しみながらもカフェインの影響を極力排除することもできるようになっていますし、味も一般的なインスタントコーヒーと変わりがないものもあります。



リラックスタイムを楽しみながらカフェインを排除することができるのです。


専門知識

subpage2

デカフェとは、「decaffeinated」の略式で、意味は、想像し易い通り、カフェインレスという意味です。カフェインの入っていない飲み物のことを言い、よくコーヒーや紅茶などに使用されるものでしょう。...

next

これからの食事

subpage3

デカフェとは本来カフェインが入っているコーヒー豆からカフェインを取り除いたものを指します。その為、カフェインレスコーヒーとも呼ばれます。...

next

1から学ぶ食事

subpage4

ヨーロッパで多く飲まれているデカフェは、カフェインをまったく含まないか、ごく微量に抑えられた飲み物を意味しています。代表的な飲み物はコーヒーで、通常のコーヒー豆からカフェインを取り除いた状態にしたコーヒー、またはインスタントコーヒーの事です。...

next

意外な真実

subpage5

コーヒーはその味によって飲む人を楽しませるだけでなく、ポリフェノールなど、健康に良い成分もたくさん含んでいます。コーヒーを飲むと、活性酸素を除去することで老化防止になったり、コレステロール値を下げる効果がある他、覚醒作用があるので日中の生活から眠気を取り去り、活動しやすくさせるという利点もあります。...

next