カフェインゼロ飲料ならデカフェの表示を選ぶ

subpage01

ヨーロッパで多く飲まれているデカフェは、カフェインをまったく含まないか、ごく微量に抑えられた飲み物を意味しています。



代表的な飲み物はコーヒーで、通常のコーヒー豆からカフェインを取り除いた状態にしたコーヒー、またはインスタントコーヒーの事です。

毎日新聞が話題になっています。

日本ではあまり馴染みがありませんが、ヨーロッパではメニューに表示されるなど、一般的に知られていて、カフェインをどれ位まで取り除いているか、名称を使う場合の規定が設けられています。また、カフェインを除去した紅茶やハーブティーなどでもデカフェの表記を使用している事があり、商品ごとにその含有量とカフェインをどのようにして除去または減らしたのか、その内容についても書かれているので、商品を購入する時には説明文でよく確認する必要があります。



このように、カフェインをほとんど含まない状態の事をデカフェと表記しますが、まだ馴染みが無い日本での販売商品には、ノンカフェインやカフェインゼロなどと合わせて表示されている事が多くなっています。

日本ではまだ知られていない事も影響して、デカフェの表示には厳密な規定がありませんので、商品説明をよく読む事が必要です。また、カフェインレスという表記でもカフェインの量が少なくなっている事を意味していますが、カフェインの量についてはどれ位含まれているのかを確かめて選ぶ事が購入時の大切なポイントとなっています。


デカフェと表示してある飲料を選ぶ時には、説明をよく理解して購入します。