デカフェに関する情報について

subpage01

デカフェとは本来カフェインが入っているコーヒー豆からカフェインを取り除いたものを指します。
その為、カフェインレスコーヒーとも呼ばれます。カフェインという成分には利尿作用、覚醒作用があると言われており、持病がある人や妊娠中の人にとっては避けられる成分です。

デカフェはカフェインを摂取できないが、コーヒーは飲みたいという人にとって嬉しいものです。

カフェインが取り除かれていますが、コーヒーの味は維持されているからです。



海外でデカフェは一般的ですが、日本では最近になって注目され始めてきました。


デカフェの作り方にはいくつか方法があります。


1つ目は薬品を使ってカフェインを取り除く方法です。

海外では一般的に使用される方法ですが薬品の使用によってカフェイン以外の成分が取り除かれてしまったり、薬品が残ってしまう恐れがある為、日本では禁止されております。


2つ目は水でカフェインを抽出する方法です。
生豆の成分を水で抽出し、途中で薬品を使用する工程がありますが直接、生豆に対して使用するわけではないので安全な方法として採用されている場合が多いです。
3つ目は超臨界二酸化炭素抽出という方法です。

これからは日本経済新聞情報をお届けします。

ある一定以上の温度と圧力を加えることによって気体と液体に分けてカフェインを取り除く方法です。
これは一切、薬品を使用しないので安全と言われ日本では多く採用されております。



利点としてコーヒーの風味や味が損なわれにくいという点もあります。